Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

漂泊オプティブログ

本サイトはこちら↓
http://hyouhaku.fc2web.com/(漂泊オプティミズム)
Hadesで活動中のネコ。
<< アクセス解析〜ィィィィイイ | main | へこへこ・・・。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
かけがえの無い冒険
冒険をしよう!ファイナルファンタジーをしよう!

と忘れかけてた冒険心みたいなのを半ば無理やり鼓舞してレベルあげをすることにしたんです。Inラクシュミ。

インしたらBuddyも来てくれたので一緒にやることに。






俺たち凄いやる気だぜ!









まあ、いつものところが何処なのか見当もつかなかったので、適当に競売で肉とか買ってたら、適当にBuddyも来た。
























ところで、金策などHadesですらまともにしたことが無い俺。
当然ラクシュミでもお金の稼ぎ方などわからないので、装備は全て買ってもらうことで生きている。むしろ今そう決めた。ありがとう。俺はいい友達を持った。ありがとう心の友よ…よよよ…




んで、ラビットマント+1をバディにもらった俺。












ということで何か満足して気持ち的にも準備とか整ったのでロンフォに繰り出す俺たち。


目標はレベル6→8だぜ!!!


ところがバディは1時間弱で外食に行く模様。
そのとき時間は既に深夜11時。どういう生活をしているのか。
別に気にならなかった





ということで急ぎロンフォで狩りを始めた。









<真面目に敵を倒す様子>





いつもなら狩りをしてレベルが上がるなんて聞いたことがない!という俺たち。しかし真面目にやれば出来る子なんだ。俺たちだって。自分達の限界を自分達で決めてどうするんだ。夢は限りなく続く。空は何処までも青い。風はやさしく俺たちを撫でている。何の話だっけ。





とにかくそんなこんなで2チェーンとかを繰り返してレベル7になる俺。


8に届くかーッ!というところで時間切れとなった。

最後まで死ななかったという充実感と達成感。
そう…二人は途中から気づいていたんだ。
忘れかけていた、真面目に冒険をすることの素晴らしさに。
いつの間にか、斜に構えてFFをすることしか出来なくなっていた自分達に。
ケアルをする。
敵を倒す。
レベルが上がる。
確かにそれはそれだけのこと。
単純なゲームの中のそれだけのこと。
しかし、プレイする人が真摯に取り組むのであれば、それはかけがえの無い
「冒険」になるんだ。












<かけがえの無い冒険になるんだ>

















なるわけないよ^x^;



ばなー

なんか何が起こったか目茶目茶上がってきてるんだ!
たぶんこの前モチが上がってるとか書いたから皆みてくれたんだね!
それに便乗して俺もあがったんだ!
ごめんね巧妙な心理トリックをつかった言わば土曜サスペンス劇場だったんだ!

=個人的メモ=

「どらえもんジャイアンがいじめるんだ!」
「腐〜れ〜外〜道〜」
「道具だせや!!死ね!」
| - | 00:18 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:18 | - | - |
初めましてサイコサインタンジェントプラズマさま。
最近楽しみにみてます!
何を頑張るかわからないけど頑張って下さい!!
| にゃもる | 2006/04/02 2:18 AM |
君達の冒険譚を見ると、
ボクも冒険をはじめたくなるんだ。
とりあえずなんかゲーム買ってくる!
| はいこー | 2006/04/02 9:32 AM |
FFヤれや!!!11でも12でも!
| Buddy | 2006/04/02 1:20 PM |
>にゃもる

頑張りますよ!
とりあえず今はパソコンの前でカフェラテを飲みながら苺のタルトを食べています!それこそ全力で食べてます!頑張ってます!すごい頑張ってるよ俺・・・

>はいこー

FFヤれや!11でも!12はだめ!持ってないからダメ!話が合わない!

>バディ

じゃあ今夜の秘密会はキャッチマインドとマージャンと間違い探しということで・・・
| サイコサインタンジェントプラズマ | 2006/04/03 3:27 PM |









http://bokukano.jugem.jp/trackback/46